忍者ブログ

Hynemosphere *ヒネモスフィア*

日々のつれづれを書いたり書かなかったり

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中学生の時、縁日で買った緑亀を神社のお堀に捨てたことがあります。
ごめんなさい。
だって5年くらい飼ってると結構大きくなるんですよ。
あやふやな記憶だけど甲羅だけで20センチはあったと思う。
それに一匹なのに産卵し始めるようになって。
すでに神社のお堀には亀がたくさんいたので、そこに放せば彼氏に巡り合って赤ちゃんが生まれるかもと思い、弟と一緒に放しました。(無精卵という知識はあったらしい)

緑亀が自然繁殖して大変って、おとといの林先生の番組でやってましたよね。
そんな話とっくに知ってましたけど、見聞きするたびにちょこっと罪悪感を感じる。
寿命50年くらいなんですってね。
まだ生きてるのかなぁ。
結構かわいがってたんですよ、その緑亀。爬虫類なのになつくし。
産卵さえしなければねえ。メスじゃなければねえ、もっと長く飼ってたと思う。


そんなノスタルジックな犯罪歴は置いといて、「緑亀の卵」です。



ひび割れた感じの玉がかわいい。
セダムのくせに生長がゆっくり目なのもいい。増えすぎないからね。
左下に葉が落ちてますね。


おや?
発根してる!


緑亀の卵は挿し木はできるけど葉挿しはできないって、育て方で見た気がするんだけどなあ。
できるじゃん!
(「できない」じゃなくて「難しい」だったかも)

ここで私が手を貸して埋めたりすると、失敗に終わりそうなのでこのまま放置。
見てない、見てない。

この緑亀なら(多少は)増えてもいいや。

あ、生き物の緑亀のリアル卵は白いですよ。

拍手

PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

このブログのこと

”hynemosphere”というブログタイトルは 与謝蕪村の俳句「春の海 終日 のたり のたりかな」の終日(ひねもす)+atmosphereでの~んびりゆ~っくりま~ったりふ~んわりとした雰囲気という意味を込めて作ったオリジナルの言葉です。 辞書引いてもありませんよ、念のため。
HN:
たむらいん
性別:
女性
自己紹介:
ご訪問感謝!新潟市在住の兼業主婦です。どうでもいい無駄話にお付き合いくださいな♪
このブログはリンクフリーです。 別にご挨拶とか堅苦しいことはいりません。 でも写真の無断使用や無断引用ははダメよ。 たいしたこと書いてないけど、一応ね。

ブログ内検索

welcom!

ページビューを調べる

バーコード

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- Hynemosphere *ヒネモスフィア* --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]