忍者ブログ

Hynemosphere *ヒネモスフィア*

日々のつれづれを書いたり書かなかったり

2017/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

虫の画像が入ります。
せっかく来てくださったのに申し訳ないのですが、虫が苦手な方はスクロールしないでこのままお帰りくださいね。
またの機会にお会いできれば幸いです。



夜中に降った強い雨でお隣の柿の木もだいぶ寂しくなっちゃった。
どんよりした寒々しい写真ですが、意外にも暖かい朝だった。
晴天が続いたのは昨日までで、来週まではお天気が悪いみたい。
庭仕事がまったく進まなそうな予感。
また今年もこのパターンで冬になっちゃうのかしらん…



さて
そろそろ
虫の話してもいいですかね?

ということでクダマキモドキ。
珍しくカメラをポケットに入れて外に出た時に見つけた。

これまでも何度か「クダマキモドキ」「クダマキモドキ」とくだをまいてきたけれど、なかなか写真に撮れない。
捕まえるのに必死なんです。
まったり撮影なんかしていたらびよ~んと飛んで逃げられる。
ジャンプ力があるのです。
大人になると羽が生えて飛翔力というアビリティも付加されるのでますます大変。

こんな顔(口からなんか出てるのは見なかったことにしてください)
片手にじたばたするクダマキ、片手にカメラなので全身をきれいに写すことなんてできません。
まともな写真はググればすぐに見れますので各自でなんとかしてください。
キリギリスとかクツワムシに似てます。
 
小さめのメス。



鎌のような産卵管。
これで若い枝を切り裂きながら産卵していく。
葉っぱやら蕾やらをさんざん食い散らかすだけでは飽き足らず、大事な枝を使い物にならなくするとはまったくもって許せん!なのです。

この後は…まぁ、ご想像通り。

毎年結構な数を補殺しているのだけれど、ちっとも数が減らないような気がする。
産卵された枝も見つけ次第切っているんだけどなぁ。
隣近所からくるんだろうな、きっと。
しょうがない。

ああそうそう
虫画像ついでに
昨日のカマキリさん

もみじ祭りにくっついていた。
赤い葉に緑のカマキリ。
すぐに見つかっちゃうって。

この方はお腹まわりが太いのでメスだと思う。
まさか二階のベランダで産卵する気だったんじゃ?
カマキリはね、雪に埋もれない高さの枝に産卵するんですってよ。
カマキリの卵が産みつけられた位置でその冬の降雪量を予測する地域があるらしい。
この冬は大雪!?

いえいえ
この後すぐに飛んで逃げていきました。
カマキリって思ったより飛ぶんだなぁ。






拍手

PR

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

このブログのこと

”hynemosphere”というブログタイトルは 与謝蕪村の俳句「春の海 終日 のたり のたりかな」の終日(ひねもす)+atmosphereでの~んびりゆ~っくりま~ったりふ~んわりとした雰囲気という意味を込めて作ったオリジナルの言葉です。 辞書引いてもありませんよ、念のため。
HN:
たむらいん
性別:
女性
自己紹介:
ご訪問感謝!新潟市在住の兼業主婦です。どうでもいい無駄話にお付き合いくださいな♪
このブログはリンクフリーです。 別にご挨拶とか堅苦しいことはいりません。 でも写真の無断使用や無断引用ははダメよ。 たいしたこと書いてないけど、一応ね。

ブログ内検索

welcom!

ページビューを調べる

バーコード

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- Hynemosphere *ヒネモスフィア* --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]