忍者ブログ

Hynemosphere *ヒネモスフィア*

日々のつれづれを書いたり書かなかったり

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨秋小型のサボテンが欲しくなって二つほど買いました。

小さいサボテンはあるのだけれど、それは今小さいのであって、育つとそれなりに大きくなるというので、置き場所とお世話のしやすさを考えて本当に小さいままの小型種を買ってみました。

紫雲丸(フライレア)
室内に入れて5か月くらい経っているので紫色がだいぶ褪めてますけど、深緑と赤紫のコントラストがきれいだったので買ってみた。
またきれいになるかしら(できるかな…)

水切りしてやや縮んでいるので直径2.5~3センチくらい。
仔がいくつか周りについていて、でこぼこして本体の形がよくわからないけど、丸いんだろうか?

紫雲丸のあたまのてっぺんのふわふわを触ってみたらぽろっと外れて中から何か出てきた。
なにこれー


種だそうです。ええー?
調べたら花の咲かない閉鎖花というのだそうで、その中で自家受粉して種ができるんですって。
買った時にすでにふわふわの閉鎖花はついてました。
そうかー、気づくの遅かった。
てゆうかちゃんと調べなさいよ、私。
残念なが種はシワシワになってて、まいても発芽は難しそう。
(紫雲丸の種は新鮮な方が発芽率が良いそうです。取り蒔き推奨)
9月頃なのね。
楽しみができたー♪


こちらは士童(これもフライレア)

ホコリまみれですがかわいいのですよ。
このかぼちゃみたいなフォルムにやられました。
海の中にもいるよね。こういうの。カシパン系。
3センチくらいかな。
なんか白いの二つと真ん中に赤いのが出てきた。
なんだろね?
つぼみだったらうれしい。
これもフライレアなので閉鎖花かもね。

ホコリを払いたいのだけれど、小さい下向きのトゲがあるのでティッシュじゃ拭けない。
筆みたいなので払えばいいかしら?

士童ちゃんの仲間のフライレア属はかわいい名前が多くて萌える。
「たぬきの子」「キツネの子」「テンの子」「熊の子」とか。
「子」ですよ、「」。それだけでかわいくないですか?emoji


サボテンは秋以降は特に何もすることがないので、あまり思い入れがないのですが、ただ見てるだけでもそれなりに愛着が湧くものですね。
楽しい。

拍手

PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

このブログのこと

”hynemosphere”というブログタイトルは 与謝蕪村の俳句「春の海 終日 のたり のたりかな」の終日(ひねもす)+atmosphereでの~んびりゆ~っくりま~ったりふ~んわりとした雰囲気という意味を込めて作ったオリジナルの言葉です。 辞書引いてもありませんよ、念のため。
HN:
たむらいん
性別:
女性
自己紹介:
ご訪問感謝!新潟市在住の兼業主婦です。どうでもいい無駄話にお付き合いくださいな♪
このブログはリンクフリーです。 別にご挨拶とか堅苦しいことはいりません。 でも写真の無断使用や無断引用ははダメよ。 たいしたこと書いてないけど、一応ね。

ブログ内検索

welcom!

ページビューを調べる

バーコード

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- Hynemosphere *ヒネモスフィア* --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]