忍者ブログ

Hynemosphere *ヒネモスフィア*

日々のつれづれを書いたり書かなかったり

2017/05    04« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

清少納言が枕草子で書いてたこと。

大きいことはいいことだけれど、ちっちゃいのもかわいい。
それは平安でも平成でも変わらない真理。

小さいのはひ弱ですぐ枯れそうで怖いと思うのもまた真理。

でも多肉に関しては小さいものほど丈夫だったりするから不思議。


白雪ミセバヤ
地味~~~に増えてる。
3号鉢二杯目。


ミセバヤという名前だけどミセバヤじゃない。
マンネングサの仲間らしい。つまりはセダム。
ちっこいバラの花みたいでかわいい。
だけど普通の雑草系セダムよりはかなり気難しい。
雨ざらし不可。
粉が落ちて暗い緑色になるし株元が腐ってくる。(過湿で根腐れする)
繁殖は簡単。挿せばいい。
あとご覧の通り茎(ランナー?)が伸びて勝手に根付く。
うちの場合は雨に当たらず日当たりと風通しのよい場所が定位置。私は夏も断水しません。様子見しながらあげてます。
水やりに関しては、私はミズヤリスキーなのでマネしないでください。

冬は放置。
寒いの平気です。
雪積もりっぱなし。葉色は黒ずむけどね。春になったらまた白くなるからいいの。

なんとまぁラクチンでしょう。

 

最初は後ろのドラゴンズブラッドと一緒に植えていたのだけれど、お水大好きドラゴンとは合わなかったので寄せ鉢で。
あ、ドラゴンズブラッドの方がよっぽどミセバヤっぽいじゃん。


センペルビウム 巻絹(まきぎぬ)
これも増える。センペルだもの。
 
繊細。
大きくても直径2センチくらいなのにきっちりと糸を巻いて。

花が咲くと枯れちゃう。
今年結構たくさん咲いたので一気にさびしくなりました。
けどいいの。また増えるから。

花が咲くと枯れるという宿命はある意味ラクチンでもあります。罪悪感がない。
アタシのせいじゃない。
全滅という可能性もあるわけですが…

センペルはこれとあと名無しのセンペル(送料無料のお任せセットに入ってた)と二種類あるのですが、もういいかな。
手がかからな過ぎる。
唯一やることと言えば、暑くなってきたら明るい日陰にお引越しさせること。(冬型多肉と一緒)
水やりはミズヤリスキーだから(以下略)

冬は当然出しっぱなし。
あまりの放置プレイでその存在を忘れるほど。

ほったらかしでもかわいい。
こういう品種ほど本当は大事にしないといけない。
でもね、手がかかる子ほどかわいいというのもまた真なりで、むずかしいわぁ。

拍手

PR

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

このブログのこと

”hynemosphere”というブログタイトルは 与謝蕪村の俳句「春の海 終日 のたり のたりかな」の終日(ひねもす)+atmosphereでの~んびりゆ~っくりま~ったりふ~んわりとした雰囲気という意味を込めて作ったオリジナルの言葉です。 辞書引いてもありませんよ、念のため。
HN:
たむらいん
性別:
女性
自己紹介:
ご訪問感謝!新潟市在住の兼業主婦です。どうでもいい無駄話にお付き合いくださいな♪
このブログはリンクフリーです。 別にご挨拶とか堅苦しいことはいりません。 でも写真の無断使用や無断引用ははダメよ。 たいしたこと書いてないけど、一応ね。

ブログ内検索

welcom!

ページビューを調べる

バーコード

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- Hynemosphere *ヒネモスフィア* --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]